So-net無料ブログ作成

ビアトリクス・ポターのおはなし [movie]

先日渋谷駅でみかけたこのポスター。
「レニー・ゼルヴィガーまた太っちゃったね」
との言葉に
「本物のビアトリクス・ポターは、あんなかんじだから役作りとしてはあれでいいんだよ」
と答えたらちょっと驚かれたみたい。



星の王子様にハリー・ポッター、ピーターラビットとくると、「かわいいものが好きなのね」で済まされることが多いのですが、そーゆーわけでもないんですのよ。

星の王子様は童話の形をかりた愛の物語、ハリー・ポッターは少年の成長譚。
そして、ピーター・ラビットはシニカルな弱肉強食の世界を生き抜く、か弱きもの生活を描いています。


「ピーターラビットのおはなし」のはじまりは

 あるところに、4ひきの 小さなうさぎがいました。なまえは、フロプシーに、モプシーにカトンテールにピーターといいました。小うさぎたちは おかあさんといっしょに 大きなもみの木のしたの すあなのなかにすんでいました。

 あるあさ おかあさんが いいました。「さあ おまえたち、野はらか 森のみちであそんでおいで。でも、おひゃくしょうさんのマグレガーさんとこの はたけにだけは いっちゃいけませんよ。おまえたちの おとうさんは、あそこで じこにあって、マグレガーさんのおくさんに にくのパイにされてしまったんです」



  どぉ?
すごいでしょ?
ブラックですねぇ・・・・
子どもに読み聞かせちゃっていいのか?こんな内容・・・・
とも思われますが、現実はこーゆー話なのだ。

子猫も、ねずみに”ねこまきだんご”にされそうになったり、そうとはしらずお呼ばれ先で食べたミートパイが禁断の食材でつくられたものであったり・・・・・
彼らはいつも死ととなりあわせ。

 2本足で歩くウサギが青い上着を着ていても、決してあまーい砂糖菓子の世界ではない真実がここにあります。


話はすこしそれますが、フロプシーにモプシーにカトンテール。
この最後のカトンテールは原語でCottontail。
"綿のしっぽ"という意味。

ハリー・ポッターファンのみなさま、どこかで聞いたような名前だと思いません?
ハリーの両親を裏切って、ネズミに姿を変えて身を隠していたワームテール。
彼の名は言語ではWormtailと書きます。
"みみずのしっぽ"=ネズミ。
こんな言葉遊びは英国文学の特徴です。
日本語にそのニュアンスまで伝わるように翻訳するのは難しいだろうけれど。。。。
「指輪物語」や「ナルニア国ものがたり」の瀬田貞二さんは、そのへん素晴らしいっす。


話はピーター・ラビットに戻ります。
このお話は、彼女がノエル君という少年に宛てて書いた手紙から生まれています。
写真中央がノエル君。
右がビアトリクス・ポターです。

ちなみに、「くまのプーさん」は、ミルンが息子のクリストファー・ロビンに、「不思議の国のアリス」はキャロルがアリス・リデルに宛てて書いたお話。
このあたりも英国文学によくあるパターンです。


おっと、ここから先の彼女の半生を説明してしまうと映画の内容をそのまま明かしてしまうことになる・・・・・

彼女を支えた編集者はユアン・マクレガー、監督はベイブのクリス・ヌーナンだそうな。
そして、撮影は現存しているピーター・ラビットの舞台で行われています。
そして、今も絵本そのままの世界が保存されている理由は、彼女がナショナル・トラスト運動を支援、推進した功績によります。

これ見なくっちゃ。
湖水地方にも、いつか行くぞ~♡



おまけ
DAKARAのCMでバレエを踊っているブタくん。
あれもビアトリクス・ポターが描いたキャラクターなり。


nice!(17)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 17

コメント 23

Inatimy

そうそう、最近、この映画の公開の話を知ってビックリしました。
何も知らず、先月、バーゲンセールで、英国ロイヤル・バレエ団出演の「Tales of Beatrix Potter」というDVDを買ったのです。(日本では、「ピーターラビットと仲間たち/ザ・バレエ」という題。でも廃盤・・・。) 着ぐるみで踊ってるのですが見事。 小道具やセット、衣装の生地の柄も、見所多しです。 
by Inatimy (2007-09-10 05:52) 

たろちぅ

そういえばピーターラビット、
遠い昔に実写版映画を見てけっこう怖かった。
by たろちぅ (2007-09-10 13:06) 

MOCOMOCO

私もこの映画見たいです^^
湖水地方にもいつか・・・と野望を抱いています♪
by MOCOMOCO (2007-09-10 13:33) 

nicolas

湖水地方といえば、水幽霊の話を思い出します・・
ピーターラビット、肉食文化の中では違和感ないのかも。
そういえば、マザーグースもかなりすごいよね・・・

レニー、なんか役作りでクルクル体形、忙しいね~~
ダイジョウブなんでしょうか。ちょっと、心配かも。。。
by nicolas (2007-09-10 14:54) 

やまあらし

ピーターラビット、子供の頃に絵本を読んで、「外国ではウサギちゃんをたべちゃうの?」と母に尋ねたところ、「日本でも食べるのよ。うさぎは美味しいから鳥以外の動物を食べてはいけない時代にある地方のお殿様がうさぎは跳ねるから鳥と同じだから食べてもいい!と言って食べていたの。だから一羽、二羽・・と数えるの。」と教わったこと、今でもしっかり覚えています。
物語の中には残酷でも現実を解いているお話しがたくさんありますよね。
子供達の年齢にあわせて、ちゃんと身の丈にあったお話しを読ませたいですね。
もちろん、大人の私達もですが(笑)。
湖水地方への旅行、将来、お供をしたいです(へへ)。
by やまあらし (2007-09-10 18:37) 

crow

子供の真実は、大人が忘れた本当のリアルなのでしょうね。
ウサギ料理食べても、本物のウサギはイメージ出てこないし・・・。
そういえばタヌキがおばあさんを鍋にして、おじいさんに食べさせちゃう昔話もありましたね ><
by crow (2007-09-10 21:22) 

yk2

レニー・ゼルヴィガーーとユアン・マクレガーって、『恋は邪魔者』とおんなじキャストだね。

>「かわいいものが好きなのね」で済まされることが多い

ふふふ、てんとうむしさんったらブラックなネタが好き・・・って、云わなくっても結構バレてるよ(笑)。
by yk2 (2007-09-10 21:26) 

noriko

Inatimy様☆
そーそー、そのバレエがいまサントリーのCMで放映されてます。
優美なピルエットをキメるブタくん、check it out♡↓
http://www.suntory.co.jp/softdrink/dakara/main.html
私もそのDVD欲しいなぁ。
探してみよ。


Krause様☆
nice!ありがとうございます。


カフェオランジェ様☆
nice!ありがとうございます。


たろちぅ様☆
ポターのおはなしに、リアリズムはおヤクソクですからね~。
猟師に撃たれるとかキホンです。。。
絵がこんなじゃなかったら、マジこわいとおもうよ(笑)


MOCOMOCO様☆
こどもがいなかったポターは遺産をすべてナショナルトラストに寄附しました。
だから、そのまんまの状態で保存されているのですよね。
地球を旅したダイアナ妃が「世界で一番美しい場所」と評したこともあるそうです。
行きたいですよね~♡


にこちゃーん☆
水幽霊?
どんな話だろう?
マザーグースも確かにすごい^^;
イギリスの伝承ものは「妖精」と表現しますが、現実はかなり「妖怪」ですよねぇ。。。
かなり水木しげるワールドに通じるものがあると思っとります。

レニーの体は、そのうち戻せなくなっちゃうんじゃなーい?ってちょっと心配しちゃいますよね。


やまあらし様☆
この時代のイギリスでの狩猟の位置づけ貴族のスポーツなの。
びっくりでしょ?
日本人には残酷に思えても、イギリス人の感覚ではフツーなのだと思います。
私たちが水族館でマグロが美味しそうに思えるようにね(笑)

余談ですが、日本の殿さまは一番後ろにいるけれど、西洋の王様はNobles Oblidge(高貴に生まれたものはより多くの責務を果たさなければならないという考え方)があるので一番前の一番危険な場所で闘います。

だから良家の子女であったポターが、これまた良家のご子息であるノエルくんの身の丈に合わせた「生きる」ということの教え方なのでしょうね。



crow様☆
>タヌキがおばあさんを鍋にして、おじいさんに食べさせちゃう昔話もありましたね
↑ひぇ~・・・・
グリム童話もすごーいですよね。
そういえば一時「政治的に正しいグリム童話」とかそんなのが流行しましたっけ。。。。


2k様☆
nice!ありがとうございます。


ykにーさん☆
レニーの映画は「ブリッジト・ジョーンズ」しか見ていないのですが、「恋は邪魔者」って面白い??
ブラックユーモアはね、5年くらい(もっとかな?)イギリス人に英語を習っていたのでうつってしまったのかもしれない。。。

うふふ・・・少しくらいスパイスが効いてたほうが美味しいってこともあるじゃない^_-
by noriko (2007-09-10 22:20) 

Inatimy

サイト見ました! かわいい♪ 
「私はいつも甘海老が食べたくなっちゃうんです。」って入力すると、「あれっ、さっきの人とおなじ悩みですね!」っだって・・・。 こんな悩みの人が他にいるなんて・・・。
by Inatimy (2007-09-10 23:19) 

TaekoLovesParis

yk2さんのかわりに私が。。「恋は邪魔者」はかるーくて楽しい映画。
しかもレニーは売れっ子のライターでユアンもライター。レニーのファッションが、パリのオートクチュールでいいですよ~。ユアンは若い、若い!
某銀行のマスコットが、ピーターラビットなので、コップやバッグをもらうために、その銀行を使ってます。
by TaekoLovesParis (2007-09-11 00:23) 

yk2

あはは、僕が観てる映画はほとんどtaekoさん観てるから(笑)。

でも、レニーは男性不要論者(?)の流行作家、ユアンはそれをへこませようとするジャーナリストって対立の構図で説明してあげなきゃね~。

話はねーさんの云う通り、マンガみたいにかるーいよ。
でもオンナノコはポップな60年代ファッションのワードローブやモダン・ファニチャー見てるだけでも楽しいと思うんじゃないかな。それに、チョコレートがキーワードだから、てんちゃんにはピッタリかも(笑)。

http://www.plala.or.jp/cinema/fashion/downwithlove/index.html
by yk2 (2007-09-11 01:48) 

そうそう。この映画は観たいなって思ってたんだ~。
ええっ!?
ピーターラビットって、そんなに重~いお話だったの?
ゆるゆるな感じかと思ってた^^。
ゼルヴィガーは、役作りのために、痩せたり太ったり・・・努力が凄いらしいですよ。
もともとは、痩せ型だとか。
昔の職場で、ブリジットジョーンズの試写会があって、その時に、担当者が、言ってました。
女優さんって、すごいね^^。
by (2007-09-11 16:25) 

noriko

Inatimy様☆
あはは。
「私はいつもお菓子が食べたくなっちゃうんです」って入力しちゃいました(笑)


Taeko様☆
それって三井信託銀行かな。
家の近くの支店に大きなポスターが貼ってあって、いつも気になります。



ykにーさん☆
URL見てきました。
すごく可愛い!!
ねーさんとにーさんがお勧めだったら見てみようかな♪
それにチョコレートがキーワードって聞いてしまうと素通りできません♡


りんりん様☆
ピーター・ラビットは重くはないの。
お菓子の箱にマシュマロが入ってるかなぁ・・・と開けてみたら中身はジンジャーブレッドだったよ、くらい。

レニーはお友達になりたいタイプ。
やっぱり努力もすごいんですねぇ・・・。
そうだよねぇ。。。。
by noriko (2007-09-11 21:43) 

この映画、私も観たいなぁって思っていました♪
レニー・ゼルヴィガーがポターだったんですね(^^;
広告をパッとみただけだったので、わかりませんでした!

確かにピーターラビットのお話って、ブラックというか現実的というか、
ただの子供向けのお話って感じには思えない表現とかありますね。
by (2007-09-13 13:01) 

noriko

nico様☆
nice!ありがとうございます。


xml_xls様☆
nice!ありがとうございます。


babies breath様☆
映画の予告編のCMがはじまりましたね。
ピーター・ラビットのおはなしは、かわいいだけだったらこんなに長く愛されることもなかったような気がします。
動物の姿に身を借りているけれど、普遍的な社会生活の真実を描いていますよね。


plot様☆
nice!ありがとうございます。
by noriko (2007-09-13 21:49) 

いっぷく

ポターは優れた自然観察者ですが様々な肩書きをつけられるほどいろいろな研究をしているんですね。顕微鏡をのぞいてハエの足についた有機体をスケッチしたり、特にキノコの研究では秀でていて残された細密画は菌類学者としても優れていた事を示しています。
それと考古学者ですから出土品のスケッチを描いた絵もすばらしいですよ。「ピーターラビットの野帳」という本にまとめられてます。
by いっぷく (2007-09-14 07:06) 

noriko

いっぷく様☆
はじめは研究者をめざしたようですが、女性が職業を持つことが困難な時代背景により叶えられなかったそうです。
後年は後半生は農園主としても頭角をあらわしていますし、才能に溢れた女性ですね。
かっこいー♡
「ピーターラビットの野帳」探してみます♪
by noriko (2007-09-14 21:25) 

Camel!

レニーが演じてるんですねー。
ぜひ見たいです☆

ピーターラビットはおっかけっこが命がけですよねー。
マクレガーさんの畑で捕まっちゃわないか
はらはらどきどきしながら読みました。
そして私は人間だからマクレガーさん側にいるのか・・・
マクレガーさんちにお食事によばれたら
ピーターがお皿にでてくるかもしれないんだ・・・
とか想像して怖かった覚えがあります。
あの絵がいいですよねー☆
by Camel! (2007-09-16 00:43) 

noriko

redrose様☆
nice!ありがとうございます。


camel様☆
昨日から公開されましたね。
私も見にいかなくっちゃ♡

「パイがふたつあったはなし」という、camelさんのドキドキそのままのようなお話もあります。^^
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=5096
by noriko (2007-09-16 18:58) 

ふらんすぱんだ

はじめまして✦
ฺミス・ポターの映画はなんだか惹かれるものがあって
私も観てきました!
結果、人物や作品への姿勢にも魅了されてしまいました!
いろいろ知りたいと思い、ミス・ポターの本なども手にしてみました!

ただ。。今日、兄の本小説すばる9月号の
ミス・ポターの江國香織のエッセイを見ると、
ぽたーは虫や動物を煮るなどしていた・・とか、なんだか、嫌な気分になる内容バカり書いていたのですが、
本当なのでしょうか・・・?
映画の内容が全て正確でないことは調べたらわかりましたが、
私が検索して調べてみた結果は上のようなそんな事実は
どこにも書かれていませんでした。

皆さんも書かれているように、
日本人が鰻や魚を食べるのが普通なように、
うさぎを食べるのも普通だったようだと書くのならいいのですが、
なんだか江國香織(と井上荒野)の書き方はとても批判めいていて凄く不愉快でした。

ナショナルトラスト運動など、資産が沢山あっても
心がないと到底できない事だと思います。

私はやはり、ビアトリクス・ポターと言う人は

 『動物や自然をいつくしんだ人』

だと思うのですが、てんとうむしさんはどう思われますか?
by ふらんすぱんだ (2007-09-18 14:57) 

noriko

ふらんすぱんだ様☆
はじめまして。
コメントありがとうございます。
『ミス・ポター』ご覧になったんですね。
私も早く行かなくっちゃ。


ご質問の内容について、私の手元にある本で調べてみました。
「ピーターラビットの田園から」(NHK取材班ほか)という本にこうあります。
"博物学的興味の対象は、もちろん動物以外にも及んでいた。地衣類、岩石、化石、なかんずく菌類。5歳年下の弟をまたとない助手役に、死んだ動物をみつければ皮をはぎ、煮て、骨格をとりだす。信じがたいことだけれど、2人はそんなふうにしてキツネの骨格標本までつくっていたという。・・・・(途中略)
 どうしてビアトリクス・ポターにはそんなことがゆるされたのか。答えははっきりしている。つまり学校がなかったからだ。子供たちがおのおのの家にあって、自分のすることやエネルギーのはけ口を、自分でみつけださなくてはならなかったからだ。少なくとも女の子はそうであった。
 貧しければそれなりに子供の手ですることもあったろう。しかし人手もお金もあり余っている家庭では---。
(100年まえのイギリスで起こったこと  矢川澄子)"

幼いビアトリクスが行った行為は、「目的」ではなく「手段」であったので、誰もが通り抜ける子どもゆえの残虐な一時期と、学研的な面が極端なかたちであらわれたものと思います。
(「目的」であると、猫やウサギのような毛のはえた生き物を殺す行為は快楽殺人への一歩手前の段階といわれますが・・・・)。
これを否定することは、すべての理科系の学問への否定につながってしまうような気がするので、わたしはそれほどの不快感をおぼえることはありませんでしたが。。。。。


ただ、知り合いのレストランでジビエの季節になってもウサギ料理が出てこないことについて「なぜ?」とシェフに質問したところ、
「メニューに載せてもあまり注文がないんだよね。
特に女性は『かわいそう・・・』って言うから載せるのやめちゃったんだ。
オレは個人的には美味しいと思うんだけどね」
ということでした。


私の場合は・・・メニューに載っていてもウサギの料理は選ばないけれど、コースの中で一品として出来てしまったら残さず食べます。
だって、いのちを無駄にすることはしたくないから。。。。。



以上でふらんすぱんださんの質問に対する答えになっているでしょうか。


私にとってビアトリクス・ポターは、
『warm heart に cool head を備えた魅力的な女性』

かな。

^^
by noriko (2007-09-18 22:29) 

ふらんすぱんだ

てんとうむし様☆丁寧なレスポンスありがとうございます☆

とても解りやすく、安堵感さえ頂きました!
とてもありがたかったです☆

映画は綺麗にといいますか、
美しい自然と表現で描かれていたので
博物学的興味という言葉ならば、
私も納得できます。

てんとうむしさんのお言葉をお借りしますと
「手段」自体が罪悪だとは私も思っていなかったのですが、
ミス・ポターの映画を見て、感動したままの状態で読むと

性格が意地悪とか、勝手な人とか、サディストかのような
批判だらけの江國&井上のエッセイだったので
ビアトリクス・ポターだけでなく、レニー・ゼルウィガーも
いじめられた気がして庇護と言うか、必死になっていました。><;


私も出されたならば残さず食べたいと思います。
命を頂いて、犠牲にして生きているのだから・・とも思います。

私も絵を描くのですが、自分の描く姿勢が
あま甘だとも感じて意欲も貰えたお話でした。 (m_ _)m

ネタバレになっていなければ幸いです☆
by ふらんすぱんだ (2007-09-19 15:52) 

noriko

ふらんすぱんだ様☆
>ネタバレになっていなければ幸いです☆
いえいえ、こちらこそ丁寧なコメントをありがとうございます。
映画を見に行くのがさらに楽しみになりました。

記事中の写真下から2枚は家にある"BEATRIX POTTER'S LAKELAND"という本からのものであり、
あともう一冊"The Tale of Breatrix Potter"という伝記もどこかにあるはず・・・(この間から探しているのですがちょっと見つからない・苦笑)。
残念ながら「小説すばる9月号」を未読なので推測での話になってしまいますが、私が読んだそれらの本に描かれているポター本人も、マザー・テレサのようなタイプではないので、江國さん、井上さんのエッセイはあながち間違っているとはいえない面もあるかもしれません。

でも、絵本の魅力はいまも色褪せず、ナショナルトラストの活動をはじめとするそのほかの功績も偉大であるので、それはコインの裏表のようなものなのかもしれませんね。
そして、存命中に有名になってしまった彼女には自分とその作品を護る側面もあったそうです。


>私も絵を描くのですが、自分の描く姿勢が
あま甘だとも感じて意欲も貰えたお話でした。 (m_ _)m

ふらんすぱんださんの描かれる絵は、純粋でまっすぐな絵なのかな。
頑張ってくださいね。
そして、機会があればいつか私も拝見できるといいな。
by noriko (2007-09-19 23:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

rose.jpg
Instagram

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。