So-net無料ブログ作成
検索選択

ぶどう酒のグラス * champagne [wine*tasting]

毎年11月の第三木曜日がボージョレ・ヌーボーの解禁日。
今年は今日がその日にあたります。

ボージョレだったら、ヌーボーよりもヴィラージュのほうが好きなのですが、(詳しくはボージョレの光@Foodexの記事をごらんくださりませ)
「てんとうむしちゃん、ヌーボーあげるからワインのこと教えてね。」
と、授業料代わりにひと瓶いただいちゃった^^;

せっかくなので、晩御飯にぐびり。

家呑みでは致死量がグラスで3杯。
だから2杯でやめておいた(笑)


*****************************************************************

フェルメールが六本木に来ています。



ヨハネス・フェルメール
牛乳を注ぐ女
油彩・キャンバス 45・0×40.6 1658-60頃 アムステルダム国立美術館

いま来日しているのは、このおっかさん。
先日会いに行きました。

手前の展示室のオランダ風俗画とは一線を画した静謐な雰囲気を醸し出していました。
永遠に注がれ続ける牛乳のように、まっしろな気分に私の心も満たされて至福のひとときを味わいました。




ところで、フェルメールは黄色と青の衣装、真珠の装身具や楽器、手紙などの小道具で有名ですが、ワイングラスが小道具になったものもいくつかあることをご存知でしょうか。
(以下は画集からのスキャンによるため、一部が欠けている場合もあります)





ヨハネス・フェルメール
遣り手婆(娼婦家にて)
油彩・キャンバス 143.0×130.0 1656年頃  ドレスデン国立絵画館

「牛乳を注ぐ女」とはうって変わった、こってりした風俗画。
「あーあ・・・羽目はずしちゃってるよ」って場面も描いちゃうヒトだったのねぇ・・・と意外にも思えます。
でも、このお姉さまの伏し目がちな表情は、まさしくフェルメール。
なかなかに美しい。
頬が染まっているのはワインのせいかしら。





ヨハネス・フェルメール
兵士と笑う娘
油彩・キャンバス 50.5×46.0  1658年頃
フリックコレクション(ニューヨーク)

この時代の絵画に、歯まで見せた晴れやかな笑顔はめずらしいんですって。

楽しげな語らい。
でも、昼間っからお酒??
見つめあう視線。
このふたりの間柄は、どんな関係でしょうか?
ドラマを感じるね。





ヨハネス・フェルメール
ワイングラスを持つ娘(婦人と二人の紳士)
油彩・キャンバス 78.0×67.0 1659-60頃 ヘルツォーク・アントン・ウルリヒ美術館

うーん、困ったな、どうしよう。
飲んでも大丈夫なのだろうか?と問いかける笑顔。
きっと断れない相手だよね。





ヨハネス・フェルメール
ぶどう酒のグラス
油彩・キヤンバス  65.0×77.0 1660-61年 ベルリン国立絵画館

そして、ブログクルーザーの名刺にも使ったのがこの「ぶどう酒」のグラスの女性。
上の「ワイングラスを持つ娘(婦人と二人の紳士)」と同様に女性のほうが赤い色の衣装というのが、フェルメールにしては珍しい色づかい。
でも、上気した頬と、ほんのり染まった爪が映えてとても美しいのです。
鼻もすっぽり、眼までグラスに入っちゃってるさまが。。。

ね。

左の男性の視線なんて、もう関係なくほろ酔いしちゃっているのだよ~・・・・

わかるなぁ・・・このかんじ。


だって、私もいまほろ酔いだから(笑)




*****************************************************************


Norman Rockwell
Shuffleton's Barbershop
Oil on canvas 117×109 1950

こちらは、おまけ。
もうひとりお気に入りの画家のノーマン・ロックウェル。
ブログのアイコンにしています。

以前Taekoさんの記事でフェルメールとロックウェルに共通点を感じると書いていた方がいたのが何となく記憶にあって、ロックウェルの画集をぱらぱらめくっていたら・・・・

ありました。

ちょっと似てますね、このかんじ。




*****************************************************************

さて、ワインスクールも再び。

鼻をリセットするために自分の手の匂いを嗅ぐ、というのも久しぶり。
テイスティングしたのはシャンパーニュを5種類。

HENRIOT Brut "Blanc Souverain Pur Chardonnay" N.V.
POMMERY Brut "Royal" N.V.
MOET & CHANDON "Brut Imperial" N.V.
LANSON Brut "Black Label" N.V.
JAQUESSON Extra-Brut "Avize Grand Cru" 1997

ブラインドで♡をふたつつけたのは、LANSONでした。
以前はブランド・ブランが好きだったけど(昨年のシャンパーニュの講義こちら)、
ピノ・ノワールのよさがわかってきたのかなぁ(笑)
でもね、りんご酸系でキレがよく、モカやカカオの香りを好むのは一貫しているのだと納得。

♡ひとつはPOMMERY。
ふぅん、なるほど!
ほんのり甘くてやわらかい、誰にでも好まれる味だよね^^



お料理は海老とリゾット。
旨し、旨し。

ロゼのシャンパーニュ・テイスティング過去記事はこちら

*****************************************************************

そして、そろそろこんな時期

100万人のキャンドルナイト  2007年冬至 
2007年12月22日 20:00~22:00




nice!(26)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 26

コメント 17

Inatimy

「牛乳を注ぐ女」・・・何故、鍋みたいのに注いでいるのか、これから何か作るつもりなのか、すごく続きが気になる絵。 まさか、このまま食卓へ?!  フェルメールの絵、左に窓が多いですよね。 
「兵士と笑う娘」・・・きっと、このふたりは、異母兄妹。 兄を慕う妹・・・それがいつしか密かに恋心を抱くようになり・・・・・・まぁ、昼ドラみたい。
あ・・・また、海老食べてるぅ♪
by Inatimy (2007-11-16 06:33) 

シェリー

最近なんか忙しくって・・・昨日も家に帰ったのは23:00過ぎで・・・
解禁日ヌーボー今年は諦めました。。。
お祭り好きな九州人としては(笑)寂しい第3木曜日だったよぉ(TT)

ワイングラスで5種類シャンパンテイスティングって素敵ですねー♡
ヌーボーよりシャンパン飲みたくなってきちゃった(笑)
キャンドルナイトシャンパン!一緒にやりたいですねー
by シェリー (2007-11-16 12:43) 

Viva!!ヌーヴォー♪
私もシェリーさん同様、ヌーヴォー騒ぎは逃してしまいました・・・
週末にでも、何か探してこよっと^^。

フェルメールの絵は、てんとうむしさんの名刺で、初めて知りました。
上品で清純な感じが、最高ですよね。
早く、六本木にも観に行かねば・・・
by (2007-11-16 14:05) 

Taddy

いまだに絵画かイラストかと論議されるロックウェルの作品ですが、古き良きアメリカを表現した作品(季節の行事など)を観ると和やかな気持ちにさせてくれます。人々の日常を淡い色合いで描いたフェルメールの作品も同様ですね。
それにしてもワインと料理が美味そ〜。
by Taddy (2007-11-16 16:46) 

たろちぅ

二枚目の絵がうちの実家に3枚あって、
そろえて飾ってあって、夜中に真ん中の絵の女性がこっちを見てるって
そんな小さい頃のことを憶いだした(・_・)
ロックウェル、伊勢丹の紙袋がこのイラストになると、
もうすぐクリスマスって思う。
by たろちぅ (2007-11-16 17:11) 

にゃんぼん

鼻をリセットするために、手のにおいを嗅いだりするんですね。
知りませんでした;;
by にゃんぼん (2007-11-16 19:22) 

noriko

yuko様☆
nice!ありがとうございます。



たろちぅ様☆
えぇ・・・っ?
3人並んで牛乳を注いでいて、真夜中に真ん中のおっかさんが・・・・。
にかっと笑ったりして^^;
そんでもって、腰に手をあてて牛乳飲みほしちゃったりしてね(笑)
妄想が広がります(爆)

そういえばもうすぐクリスマス。
ロックウェルに冬の団欒はよく似合います^^


Krause様☆
nice!ありがとうございます。


Inatimy様☆
あはは・・・昼ドラみたいだね。
異母兄妹だと思ってたら、血がつながってないことがわかって・・・・とか(笑)

海老はね、白ワインのソースがとっても美味しくって
「Inatimyさーん♡」って思いながらたべた^^


カフェオランジェ様☆
nice!ありがとうございます。


シェリー様☆
うぅぅ・・・さすがに23時だときびしい。

キャンドルナイトそろそろはじめます。
冬は夏よりもロマンチックだよねぇ♡
シャンパングラス片手に優雅に・・・・でも2杯でがまんだわっ^^;


りんりん様☆
ノヴェッロも解禁だし、これからシャンパーニュの季節だし、ワイン愛好家にはたまらない季節のはじまりです♪

フェルメールの絵の中でワイングラスは堕落の象徴らしいのですが・・・(--;  でもね、上品で清純な感じがしますよね。
実物はやっぱり素敵で、何人もの人がフェルメールの巡礼に出かける気持ちがわかりました。


nico様☆
nice!ありがとうございます。




Taddy様☆
ロックウェルは絵画かイラストか・・・うーん、どっちでも私はスキ♡
観る人の気持ちを和ませてくれる魅力がありますよね。

ワインスクールのこのクラスは、テーマにあわせた軽食が出るのでとても楽しみにしています^^
ちなみに、昨年はシャンパーニュ&洋風ちらし寿司でした♪


にゃんぼん様☆
次々と香りを嗅いでいると、鼻が麻痺をしてくるので、自分の匂いを嗅ぐのです。
いつも「うーん、何の香りだろう?」と思うのですが自分の匂いは定義できないのですよねぇ・・・・自分にとってのニュートラルだから(笑)


yk2様☆
nice!ありがとうございます。


amane様☆
nice!ありがとうございます。
by noriko (2007-11-16 23:25) 

Fuu-tt

イラストレーター・画家、ロックウェルの作品大好きです。
・・・共通点・・言われて、はじめて・・・なるほど!と感じました。
海老とリゾット美味しそう!
by Fuu-tt (2007-11-16 23:45) 

TaekoLovesParis

一番上のフェルメール、私が始めてブログでてんちゃんに会った頃の
アイコン。なつかしいなぁ。でも、今のお茶目なアイコンの方が、
てんちゃんにぴったり。
フェルメールの絵にワインが多く出てくるのは気づきませんでした。しかもグラスを持ってるのは女の人ばかり。え?ワインは堕落(苦笑)
ドレスデンの絵「遣り手婆」は、「取り持ち女」っていう題名で知ってて、「取り持ち女って」?だったけど、遣り手婆で、意味がわかりました。
by TaekoLovesParis (2007-11-16 23:51) 

nicolas

そういえば、笑顔。
微笑んでいても、そういうお顔はナイよねー
その笑顔、その時代からちょっと抜け出てる感じするする。
ポメリー良さそう~♡
でも。実はクリュッグ好きなのです~
いいなぁ。鼻もこうして鍛えておかないとねぇ。
美味しいワインはかなり久々で、最初鼻がいかれていたよー(笑)
by nicolas (2007-11-17 00:09) 

Wino

実は近年ヌーボー買ってなくて。。。
すべてサンプルやもらい物。。。
お金出すなら、クリュボジョレーですね。。。
by Wino (2007-11-17 01:40) 

delphy

技巧的なことは分からないのですが、フェルメールの絵って、
壁と陰影と距離にドキッとさせられます。
絵もワインも、頭ぢゃなくて、心で感じたいです。
by delphy (2007-11-18 01:49) 

noriko

milk-k様☆
どちらも写真的な画風ですが、フェルメールは静を切り取っていて、ロックウェルは動を切り取っているような印象を受けます。
そして、双方ともドラマ性を感じるのも共通点かなぁ・・・。


Taeko様☆
Taekoさんはフェルメールの実物をたくさん見られているので羨ましいなぁ・・・。
いまアイコンにしているのは"Day in the Life of a Little Girl"というロックウェルの絵の一部で、Mary Whalenという女の子がモデルです。彼女が映画を見ながらポップコーンを食べているところ。
いろいろ考えて、これが一番私らしいかなぁ・・・と思って採用しました(笑)


にこちゃーん☆
クリュッグ・・・飲んだことないのです。
やっぱり、一度飲んでみるべきかなぁ・・・・。

うん、しばらくまじめにやってなくて鼻ってました。
ぜーんぜん香りがとれなくなってた。
これから味覚、嗅覚にちょっと喝いれに通います。


wino様☆
私ももらい"ヌーボー"と、"お相伴ヌーボー"でした(笑)
でも、一年ぶりの「いちごみるく味」は懐かしく、「おぉ新酒の季節がきたなぁ・・・」と感じて、なかなかよいものですね^^


julliez様☆
nice!ありがとうございます。


delphy様☆
ええ。
専門的なことはわからなくても、心で感じて五感で味わうのは(絵を味覚で・・・っていうのはちょっと無理か・笑)心の潤いになりますよね。
どきっとしたり、ぞくっとしたり、感動して心がゆさぶられるようなこともあって、絵やワインって不思議ですね。
by noriko (2007-11-18 15:06) 

いっぷく

昨日フェルメールの絵を2枚見てきましたが、
ロンドン・ナショナル・ギャラリーの2枚は以前隣同士に飾られていたのが
隣の部屋に一枚移動しました。空いていたのでしばらく休息をかねてそこにいましたが、気が付かずに通り過ぎる人が大半です。
見れば見るほど、他の作品と比較して、傑作とは言い難い絵という私の評価です。
ちょっと雑なところが目に付いてしまいます。
牛乳を注ぐ女は傑作だと思います。
by いっぷく (2007-11-18 18:07) 

noriko

xml_xsl様☆
nice!ありがとうございます。


いっぷく様☆
ロンドン・ナショナルギャラリーにある2枚は「ヴァージナルの前に立つ女」とヴァージナルの前に座る女」ですね。
確かに画集で見ても「牛乳を注ぐ女」とは格が違う印象をうけます。
どちらも小さな作品なので、それを目当てに行かなければ通り過ぎてしまうのかも。。。
でも見てみたいなぁ♪


小吉様☆
nice!ありがとうございます。
by noriko (2007-11-18 23:22) 

てんとうむしさんて、致死量がグラス3杯なの?
もっと飲めるのかと思いました~~^^

「100万人のキャンドルナイト」、今年こそは我が家でもやってみるつもりでーす☆
ロマンティックですね~(o^。^o)
by (2007-11-20 14:42) 

noriko

Mcubic様☆
nice!ありがとうございました。


yonkichi様☆
ご明察。
家呑みの致死量に限ってグラス3杯です。
外だとワインボトル1本分がノルマ(笑)

キャンドルナイトやりましょうね♪
by noriko (2007-11-20 23:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
rose.jpg
Instagram

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。