So-net無料ブログ作成
検索選択

ピカソにクギづけ * クレーにため息 [art*世界]

ピカソとクレーの生きた時代.jpg

豊富な20世紀絵画のコレクションを有する
ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館の改装にあたり
収蔵品がやってきました!!
クレー好き♡には見逃せない企画
「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」


理論に詳しくない私が
絵画を鑑賞するときのポイントは
この作品で画家が最も表現したかったこと、
伝えたかったことは何だろう
そして、1枚だけ持って帰っていいとしたら
(↑あり得ませんが・笑)
どれにするか、を考える。
じーっくりと真剣に^^




コリウールの舟.jpg

≪コリウールの舟≫ アンドレ・ドラン 1905年 油彩・キャンバス 60×73
マティスではじまった展示作品がこの画につづき、
力強く粗く濃い点描に「あぁ、来てよかった♪」
持ち帰りたくなる作品は1枚じゃすまないかも。




3匹の猫

≪3匹の猫≫ フランツ・マルク 1913年 油彩・キャンバス 72×102
なんだろう、この伸びやかな白黒クンは!
表情も得意げで、背後の赤い猫は母親かなぁ。
虎縞クンの驚いたような微妙な表情も不思議。




バイオリン弾き.jpg

≪バイオリン弾き≫ マルク・シャガール 1911年 油彩・キャンバス 94.5×69.5
笑顔だけど目が笑っていないふたり。
もやもやとした不安が漂いながらも
バイオリン弾きからつながる屋根の赤に惹きつけられます。




フェルナンドの肖像.jpg

≪フェルナンドの肖像≫ パブロ・ピカソ 1909年 油彩・キャンバス 61.8×42.8
わからないけれど、ピカソは好き。
でも愛する人に、こんなふうに肖像画を描かれたら嫌だろうなぁ・・・・
写真で見るフェルナンド・オリヴィエは、美しいのに。
だからピカソは心の目で描いていたのだろうと思うのです。




二人の座る裸婦.jpg

≪二人の座る裸婦≫ パブロ・ピカソ 1920年 油彩・キャンバス 195×163
巨人族??
なんだか四角い女性達なのです。
そして、女性っぽくないのですよね~・・・・。
こんなに色気のない裸婦は珍しいのじゃなかろうか。
木彫りの仏像に見えてくるぅぅぅ。
    好きですが(笑)




鏡の前の女.jpg

≪鏡の前の女≫ パブロ・ピカソ 1937年 油彩・キャンバス 130×195
こちらも当時の恋人マリー=テレーズ・ワルテルをモデルにした肖像。
ピカソよりかなり年下の彼女は
母性的な人だったんじゃなかろうか、なんて想像をしたり。



ひじかけ椅子に座る女.jpg

≪ひじかけ椅子に座る女≫ パブロ・ピカソ 1941年 油彩・キャンバス 80.7×65
「あー、私ピカソ大好きだわぁ♡」と感じた1枚。
だって自由なんだもの。
ただ、自分がモデルだったら絶対怒る!!とも思った1枚でもある(笑)

こちらも当時の恋人のドラ・マール。
ピカソにとっては、いくつもの顔を見せる多面的な女性だったのだろうか。。。
≪泣く女≫のモデルも彼女ね。
もしかして、さんざんピカソを困らせた??




リズミカルな人々.jpg

≪リズミカルな人々≫ ジョアン・ミロ 1934年 油彩・キャンヴァス 193×171
ミロもわからないんです。
ピカソよりも、もっとわからないんです。
でもなぜだか惹かれるのです。
明度の高い迷いのない赤がいいなぁ。
人というより鳥に見えるなぁ・・・・・。




無題 即興Ⅰ.jpg

≪無題 即興Ⅰ≫ ヴァシリー・カンディンスキー 1914年 油彩・厚紙
この作品は≪エドウィン・R・キャンベルの壁画№4≫のための下絵だと考えられているそうで
主題は旧約聖書の「エリアの昇天」ということですが
うーん、わからん。
カンディンスキーの画はいつも音楽だなぁ・・・と感じるのです。
これは交響楽かな。
彼自身も楽器を演奏する人であったそう。





Paul Klee

ミュージアムショップで見つけた絵葉書の男性は
もしかして
やっぱり。


クレーはお好き?


色彩の魔術師と呼ばれた
パウル・クレーは在外ドイツ人である音楽家の両親のもと、
1879年スイスのベルンに生まれます。
ドイツの美術学校に学び、前衛芸術家として認められ
バウハウスではカンディンスキーの同僚。
しかし、「退廃美術」としてナチスの迫害にあい1933年に亡命をします。
その後1960年に難病により亡命先のスイスで亡くなるという
不遇の晩年を送りましたが
その作風は静謐で緻密、
ちょっぴりの皮肉がスパイスとなったユーモアに溢れています。




ムッシュー・ペルレンシュバイン.jpg

≪ムッシュー・ペルレンシュバイン≫ パウル・クレー 
1925年 水彩、部分的に吹きつけ・台紙に貼った紙 51.5×35.5
直訳すると「豚真珠氏」。
道化師のようですが、よく見ると耳が豚。
ほんわかとした雰囲気で、そうね、真珠っぽい。
そういえば先日観た映画は
豚の鼻を持つ乙女が主人公の『ペネロピ』でした。
なんだかつながってる。。。。。




黒い領主.jpg

≪黒い領主≫ パウル・クレー 
1927年 油彩、テンペラ、板に貼ったキャンバス 33×29
♪南の島の大王は その名も偉大なハメハメハ♪
って歌があったね。
谷川俊太郎も『クレーの絵本』という詩集で
この絵に寄せた詩に
"おうさまは おんがくを きいた"
という一節を書いています。




顔と手と足と心がある.jpg

≪顔と手と足と心がある≫ パウル・クレー 
1930年 水彩、ペン、台紙に貼った綿布 41.8/40.8×29/28.2
生真面目な男性が恋におちた瞬間??
体がバラバラになりそうなほど
心臓はドキドキ脈をうつ・・・
そんなかんじ?




矩形と半円.jpg

≪矩形と半円≫ パウル・クレー 
1932年 水彩、グァッシュ、台紙に張った紙 48×30
前年にナチスが第一政党となり
弾圧されていたクレーは
この画を描いた翌年にスイスに逃れます。
そんな時代に描いた赤い点描。
黙々と何かに集中していると
心が「無」になって厭なことを忘れられるけど
クレーもそうだったのかなぁ。




宝物.jpg

≪宝物≫ パウル・クレー 
1937年 パステル・ジュートに貼った綿布、糊絵の具で枠取り 57×76
ぉお、チョコレートのようではありませんか♡
ボンボンショコラみたい。
今年はまだ行っていない私の聖地である
バレンタインデイ向けのチョコレート売場を彷彿とさせます(笑)
グッズ売り場でマグネットを買っちゃった。
冷蔵庫の扉でサモトラケのニケと並んでいます^^




危険なこと.jpg

≪危険なこと≫ パウル・クレー 
1938年 油彩・台紙に貼った綿布 28×59.2
力強く太い黒線や荒々しく塗られた茶や赤が
クレーには珍しく内面の苦悩や激情をあらわしている作品だそう。

私には、右上の一画がてんとうむしに見えて仕方がない。。。。
そしてリズムや音もを感じるのは
音楽にも造詣の深いクレーが
プロ級のバイオリニストでもあったせいもあるのでしょうか。




赤いチョッキ.jpg

≪赤いチョッキ≫ パウル・クレー 
1938年 糊絵の具・板に貼ったジュート 65×43
あの~・・・クレーさん、
チョッキ赤くないんですけど。
テーブルの上でダンス?
音楽が聴こえて、しっぽのはえた男性が躍りだしそう。
色調は沈んでいるけれど
困難な生活のなかでもユーモラスな作品を描ける精神力が素晴しい。







おまけ
今回は出品されていませんでしたが

忘れっぽい天使.jpg

≪忘れっぽい天使≫ パウル・クレー 1939年 紙・鉛筆
皮膚硬化症により手がうまく動かなくなってからは
画用紙に線画を描いては床に落としていたそうです。
展示されていたのは皮肉っぽい作品ですが
やっぱり天使がいいね。




無題 最後の静物.jpg

≪無題(最後の静物)≫ パウル・クレー 1940年 油彩・キャンバス 100×80.5
そして死の直前まで画架にかけられていた絶筆がこの作品だそうです。


愛読書たち↓

クレーの絵本

クレーの絵本




クレーの天使

クレーの天使

  • 作者: パウル・クレー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本



では、また



p.s.
この展覧会に行かれたTaekoさんの記事もこちらでご覧になれます♪




nice!(19)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 19

コメント 24

m-grace

てんとうむしサンの感性、やっぱり好きです。

クレー。いいですね☆
まったく知りませんでしたが、とても気に入りました♪
うまく表現できませんが、芸術家の目っていうのは
顔についている目とはまた別のところにありますね。

大阪にも来てくれないかなぁ。。。♪
久しぶりに美術館に行きたくなっちゃいました。
by m-grace (2009-01-25 09:47) 

やまあらし

「宝物」すご~く可愛い^^私も好み。
「忘れっぽい天使」はきっとてんとうむしさんが好きだろうなぁって実は思っていたので「やっぱり^^」って微笑んじゃった♪
限定のこの絵のラベルの日本酒買いました?

今回のこの展覧会は私も行くつもりで、その前にこれに絡んだイベントでこの展示会のお話とクレーをイメージしたお菓子を披露するイベントに出席予定でしたが、インフルエンザの威力の前にパーになってしまっていたので、このブログで、かわりに楽しめて嬉しかったです^^ありがとう^^
by やまあらし (2009-01-25 18:13) 

noie

クレーの絵、色使いが好きです。
見ていると思わず笑顔になります。(*^^*)
by noie (2009-01-25 21:56) 

ouichi

クレー知りませんでしたが、
詳細なここでの情報で少し勉強になりました。
色の配置が上手ですね。そして象徴的な線の描き方。
とても好みです。展覧会に行った気になってしまいましたよ。
by ouichi (2009-01-25 22:03) 

てんとうむし

m-grace様☆
ありがとうございます。
私もgraceさんの感性好きです♪
クレー気に入っていただけました?
この企画展ね、次の巡回先は兵庫県立美術館で、4/10~5/31まで開催されるんですよ^^

「画家の目」というか、彼らにはこう見える、こう感じるのだろう、と納得するしかないような画ってありますよね。
そして、ピカソやクレーに接して、芸術家は、その時々の自分を最も適切に表現できる手段を探し続けているのかもしれないと感じました。


カフェオランジュ様☆
nice!ありがとうございます。


wino様☆
nice!ありがとうございます。


やまあらし様☆
ちびあらしちゃんの容態はいかがでした?
3/22まで会期があるので、それまでに渋谷に出られるといいですね♪
私も谷川さんの詩の朗読イベントに参加したかったのですが、気づいた時は既に申込が閉め切られていて残念でした(涙)
クレーの天使の日本酒も気になりましたが、今回は図録とグッズ、ポストカードなど、いろいろ買って帰りました^^


sana様☆
nice!ありがとうございました。


noie様☆
クレーは、色づかいや観ていると微笑みがこぼれてしまうような優しさを感じますよね^^


ouichi様☆
ありがとうございます。
クレーを好きになっていただけて、とても嬉しいです。
線と色彩の繊細なリズムやバランスに妙なる調べを感じますよね。
ナチスの迫害をうけ、亡命先でなくなっていたという背景は私も知りませんでしたので、かわいらしさの底に流れるペーソスの謎の理由がわかったような気がします。
by てんとうむし (2009-01-25 23:03) 

TaekoLovesParis

「クレーの天使」の本のことは、前にてんちゃんが記事で書いてらしたから、きっとこの展覧会にいらっしゃるだろうな、と思っていました。
ピカソもクレーも、私が今まで見たことのないものぞろい。ほんわかとした楽しそうなものが多いですね。こういう絵をじっと見ていると、詩が浮かんでくるのでしょう。シャガールもあったんですね。
クレーの生涯については全く知らなかったのですが、苦労なさったんですね。それなのに明るい色彩、やさしさのある絵とは、すごいです。

by TaekoLovesParis (2009-01-26 00:10) 

トムヤム

こんなふうに,しみじみと絵画一枚一枚と向き合うって,いいねえ。そういえば最近,サツバツとした現代美術ばかり見ているなあ…。こっちでも何かやってないか探してみようっと♪
by トムヤム (2009-01-26 09:55) 

crow

フランツ・マルク知らなかったけど、猫ちゃんのタッチが素晴らしい^^
持ち帰らせてくれないかなぁw
bunkamuraですね。最近渋谷に縁がないんですが、行ってみたいな。
by crow (2009-01-26 10:00) 

chercher

クレーやカンディンスキー、大好きです~(*^^*)
クレーの絵って、すごく惹き付けられるんですよね♪
持って帰れるものならチラシに載っていたラクダがいいなぁ♡
「顔と手と足と心がある」もいいですね~♪
持ち帰れるわけがないけど真剣に選んじゃった^^;
by chercher (2009-01-26 20:54) 

てんとうむし

Taeko様☆
この美術展に行くためもあり、初詣は明治神宮にしたのでした^^
ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館の使命は、第二次世界大戦中にナチスが行った弾圧の贖罪という側面もあるということなので、クレーをはじめとしたピカソ、カンディンスキーなどの充実したコレクションを有しているようです。シャガールもユダヤ系ですよね。
マックス・エルンストやルネ・マルグリットのシュル・レアリスムの作品軍は沈んだ作風でしたが、「欲しい絵シリーズ」ということで、私好みのポエティックなものに偏って並べてみました^^;


トムヤム様☆
むははは、「てんとうむし妄想劇場」です。
現代美術はものすごーくファンシーなものもあるけれど、鑑賞する側に体力が必要なものもあるしね。
いい展覧会があったら教えてね♪


crow様☆
フランツ・マルクは私も初めて知りましたが、
「誰、これ?!フランツ・マルク・・・覚えとこ」と思いました。
猫たちを連れて帰りたくなりますよね~、私もポストカードを買いました^^

chercher様☆
わぁ、嬉しい♪クレーやカンディンスキーお好きなんですね。
『リズミカルな森のラクダ』は図録の表紙にもなっているんですよ。
いつも「この1枚」を選ぶのに真剣なので、気に入った作品が多いと絞りきれずに困るんですよね~(←たとえ絞れても持って帰れないのに、って気もしますが・笑)順路を戻ってみたりで悩みます。
by てんとうむし (2009-01-26 23:36) 

Taddy

自分の中ではシャガールの『バイオリン弾き』が一番、暗な色彩で独自の幻想的な世界観を造り上げてるところが素晴しいと思います。
by Taddy (2009-01-28 02:58) 

hatsu

『クレーの絵本』持ってますょ。
久しぶりに、手に取ってみようかな^^
「一枚、持って帰るなら」って考えて見ると、
楽しくなりますねー。
もちろんあり得ないけど(笑)
うん、3月までなら行ってみょう♪

てんとうむしさんの石鹸づくり、楽しみにしています^^
by hatsu (2009-01-28 11:12) 

いっぷく

1枚と言われればクレーの「最後の静物」かな。
ポットはわかるけれど、あとはよくわからないのがいいです。
そのために色も素敵だし、形状もいい。
壁にいつもかかっていて飽きずに眺められる気がします。

by いっぷく (2009-01-28 18:24) 

てんとうむし

Taddy様☆
シャガールのこの絵はそれほど大きな作品ではありませんでしたが、少し離れた場所からでも「あ、あそこにシャガールがある!」と感じさせる存在感がありました。


hatsu様☆
hatsuさんも『クレーの絵本』をお持ちなんですね^^
この詩集の中では私は「黄金の魚」という詩が一番好きなのですが、hatsuさんはどれがお好きですか?

美術展で「持って帰れるとしたら・・・」って考えると楽しいですよ~♪
あれ、期待はずれだったかも?という企画展にめぐりあってしまうこともありますが、そういう時だって「もし」と考えると貪欲になって、「うーん、これじゃない」「いや、やっぱりさっきのあれかな」なんて、ひとつひとつの作品をじーっくり吟味してしまうことになるのです(笑)

p.s.石鹸づくりは仕込みに入りました^^b


yann様☆
nice!ありがとうございます。


yuko様☆
nice!ありがとうございます。


いっぷく様☆
「最後の静物」は心を捉えて離さない魅力に溢れていますよね。
無口なようでいて、とても雄弁。
太陽のような人のような月のような、宙にういているような、テーブルの上に置かれているような不思議に美しい静物たちは見ていて飽きることがありません。
この美術展に展示されていないにもかかわらず、私もこの作品の存在を思い出して最後のしめくくりに載せたくなってしまった一枚です。
by てんとうむし (2009-01-29 23:29) 

yonkichi

絵のことはよく分からないですけど、直感的に≪宝物≫を持ち帰りたいです^^/

by yonkichi (2009-01-30 12:58) 

てんとうむし

yonkichi様☆
直観って大切ですよね♪
≪宝物≫には、あたたかみを感じます^^
by てんとうむし (2009-01-31 12:34) 

Nicoli♪

鏡の前の女、、、好き。飾りたいです。
by Nicoli♪ (2009-02-01 04:41) 

てんとうむし

Nicoli様☆
Nicoliさんのところにはマチスの描いた女性もいるのですよね。
あの絵と並んでもしっくりきそう^^
by てんとうむし (2009-02-01 16:47) 

てんとうむし

waka様☆
nice!ありがとうございます。
by てんとうむし (2009-03-20 22:36) 

whitypearl

初めまして♪
私もこの展覧会 行きました♪
記事をアップしようと映像をさがしておりましたら、てんとうむしさんの
ブログに辿り着いてしまいました。
楽しく拝見しました。素敵なブログですね♪

すみません、、実はてんとうむしさんの素敵な絵の映像使わせてもらってもいいでしょうか、、良いの見付からなくて、、てんとうむしさんのがとっても良かったので♪ あつかましくすみません、、
沢山載せてある写真素敵です♪ また遊びに来ます♪♪

by whitypearl (2009-03-20 22:43) 

duke

素敵でした~!パウルクレーさんって、お顔がご自身の絵に似てますね~むふふ^^ 「クレーの絵本」持ってます^^
by duke (2009-03-22 14:04) 

てんとうむし

whitypearl様☆
初めまして。拙ブログにご訪問くださりありがとうございます。
whitypearlさんのクレー記事を拝見いたしました。
好きな絵がたくさん共通していましたね^^

これからもよろしくお願いいたします♪


duke様☆
ありがとうございます。
そう、クレー氏はご自身の描かれた絵に似ていますよね。
右側の画架にのっている≪セネキオ(野菊)≫なんて、そっくり~♪
うふふ、dukeさんも『クレーの絵本』お持ちなんですね^^
by てんとうむし (2009-03-22 18:07) 

お絵かき

始めまして僕はピカソやかまちに出会って絵を描き始めました
よかったらホームページを
のぞいて見てください
http://www.takayuki-oekakichamp.com/
「お絵かきチャンピオン小林孝至」でも
検索できますよろしくお願いします
よかったらホームページにコメントも待ってます
by お絵かき (2010-07-28 14:41) 

てんとうむし

お絵かき様☆
はじめまして。
難しいことはわからないけれど、ただ好きな気持ちだけで書いている記事にコメントをいただき、恐縮しています。
さまざまな時代を経て数多くの作品を遺したピカソも、人生を駆け抜けて夭折した山田かまちも心の奥に差し込んでくる魅力がありますね♪
さっそくhpを拝見させていただきます。
by てんとうむし (2010-07-29 22:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
rose.jpg
Instagram

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。