So-net無料ブログ作成
検索選択

うけつがれゆくもの * 上村三代展 [art*日本]

上村松園.jpg


今年は高島屋美術部創設百年にあたるそうです。
その記念として『上村松園松篁淳之三代展』が
高島屋日本橋店で開催されていると知り
「いかなきゃっ!!!」と出かけてきました。


母のお伴で連れ歩かれた時期を過ぎ
ひとりでも観に行きたいと美術展に出かけたのは
上村松園がはじめだったかもしれない。



人生の花.jpg

≪人生の花≫上村松園 明治32年 (1899) 京都市美術館

今回の1枚はこれ
展示室に入ってすぐの場所に展示されていましたが
何度も何度もここに戻ってきました。

紋のついた格の高い着物は花嫁衣装。
母の背に隠れるように
恥じらいながら伏し目がちに
人生の門出を踏みだす姿に
情感があふれています。

画業に打ち込む決意をかため
「私の青春の夢をこの絵の中に託した」という
松園24歳の作品です。

前記事の『3月9日の』PVも
角かくしの花嫁衣装だったので
ちょっと、あれ???っと驚いた・・・。




虫の音.jpg

≪虫の音≫上村松園  明治末~大正初期 個人蔵

何度も観ている松園ですが、今回は
はんなりと艶っぽい作品たちが気になったので
すけすけ特集です。

そしてこの頃、松園は明治35年(1902)に長男信太郎
(のちの松篁)を出産します。




ほたる.jpg

≪ほたる≫上村松園 大正2年 (1913)頃 ギャラリー鉄斎堂

すけすけの蚊帳を釣りながら
宙を漂う蛍に「あ・・・・」っと目をやる女性。
色っぽい題材を高尚に描くことに挑戦した絵だそうです。

掛け軸の天地は着物と同色で表具してあって
それも素敵だったのですが
図録には表装まで載せていないのね。。。
そういえば西洋絵画でも額は載せていない。





むしの音.jpg

≪むしの音≫上村松園 大正3~4年 (1914~15) 遠山記念館

繰り返し描かれる秋の夕暮れの御簾越しの女性。
同時代に活躍し、東の清方、西の松園の並び称せられた
鏑木清方は江戸庶民の生活を写しとり、
はかなげでな女性を描きましたが、
松園の描く女性は艶やかでゆたかな情感をもち
まったりと上品。
(鏑木清方美術館を訪れた記事はこちら)





花がたみ

≪花がたみ≫上村松園 大正4年 (1915) 松伯美術館

この一角だけ違う光を放っていました。
2年前の日展100年展でも観た世阿弥の謡曲に題材をとった作品です。
心破れて舞う照日前は
哀れでありながら、愛らしさものこし
何度観ても心をとらえて離しません。






待月.jpg

≪待月≫上村松園 大正15年 (1926) 京都市美術館
今回のもう1枚

何故か黒い着物に惹かれた日。
ふりむくまで見つめていよう、という気になる後姿。
賛否が多いという中央を貫く柱に護られ
決してこちらを向かないんだけど
手が届きそうで届かない女性ってこんな感じ?






楊貴妃.jpg

≪楊貴妃≫上村松園 大正11年 (1922) 松伯美術館

松園には珍しい裸体画。
すけすけの衣だけど、御簾ごしの着物姿のほうが
色っぱいかも。。。。
額に抱く鳳凰の冠も輝かしかったのですが
小さな画像ではうまく伝わらないかな。

寵姫が身支度をする姿は、デジャヴのような気がして・・・
そうだ、先日Taekoさんのところで拝見した
テオドール・シャセリオーのエステルと同じ主題ね。

コピー ~ Esther.jpg


画室にこもりきりの松園を、「二階のおかあさん」と読んだ松篁
絵画学校に進学し、
母と同じ道を歩きはじめた頃の作品。




京美人之図.jpg

≪京美人之図≫上村松園  昭和7~10年 (1932~35)頃 株式会社ヤマタネ

松園を女手ひとつで育て、松篁を育ててくれた母が没したのはこの頃。
それをきっかけとして、母子像や市井の女性を描くようになったということです。




冬暖.jpg

≪冬暖≫上村松篁 昭和8年 (1933) 松伯美術館

花鳥画家の松篁にはめずらしい人物画は
縁側であそぶ長女と次女を描いています。
淳(のちの淳之)がうまれた年の作品です。

松園の作品の前では背筋を伸ばす緊張を感じますが
松篁の作品の前では心が幸せに満たされ
ほほえむ自分に気づきます。




月夜.jpg

≪月夜≫上村松篁 昭和14年 (1939) 松伯美術館

ピーターラビットから兎つながりね。
昨年の春にも観た
月夜の兎。
松園の描く女性の髪の美しさとともに
松篁の描く毛皮のぬくもりに魅了されます。




春.jpg

≪春≫上村松園 昭和15年 (1940)頃 ウッドワン美術館

晩年は上半身のみの姿が多い松園ですが、
この日惹かれた黒い着物の女性、その3
桜の舞い散る中で花見をする江戸期の女性です。

同居していた松園松篁は、互いの画室の灯りを見遣り
「そろそろ寝たほうがいいんじゃないか」と
いたわりながら制作に励んでいたということです。




初雪.jpg

≪初雪≫上村松園 昭和15年 (1940)頃 大川美術館

「真・善・美の境地に達した本格的な
美人画を描きたい」と願った松園の
晩年の作品ですが、首をすくめるしぐさが
愛らしい。




戦火が激しさを増し、松篁は昭和20年に松園を京都から奈良の画室
唳禽荘(れいきんそう)に疎開させます。
当時学生だった淳之は、夏休みに遊びに来て
世話をしながら祖母が画業に打ち込む神々しいまでの姿に
ふれていたそうです。




文化勲章.jpg

昭和23年に松園は女性として初の文化勲章を授与され
「女性だから」との因習を打ち破ります。

同年、松篁は新しい日本画の創造をめざし
秋野不矩らとともに昭和23年に"創造美術"を結成します。
(秋野不矩展へ出かけた記事はこちら)

松園は疎開先の奈良の奈良の地を愛し、
昭和24年に74歳でその生涯を閉じたのも唳禽荘でした。

そして、祖母や父と異なり、画業に携わることを反対された淳之は、
松園没後空き家となっていた唳禽荘に移り住み
「鳥がなく家」という名前のとおり鳥を飼い始めます。




杜若.jpg

≪杜若≫上村松篁 昭和53年 (1978) 神奈川県立近代美術館
 
杜若というと思い起こすのは琳派。
(尾形光琳の描く杜若の画はこちら)
松篁は構図を決めてから実際に植え、
その姿を写しとめたそうです。
花がたみを描くために精神病院で写生をした松園にも通じる
徹底した姿勢を感じます。




昭和59年に松篁は、母に続き2代にわたり
文化勲章を受章します。





水温む.jpg

≪水温む≫上村松篁 昭和63年 (1988) 松伯美術館

春のはじまりを感じる絵。
椿の一番美しい姿を写しとっていますね。
落ちてもこんなに美しかったらいいかも。

松篁は余白にこだわったという解説に納得し、
そのすばらしさに、うっとりとため息。




初めての冬.JPG

≪初めての冬≫上村淳之 平成5年 (1993) 松伯美術館

図録は野生を感じる淳之のキツネの親子。
自宅の唳禽荘で飼育した子狐がモデルだそうです。
徹頭徹尾やりぬく上村家の血は
うけつがれているのですね。。。。
ポストカードのふんわりとした毛皮の松篁の作品と並べると
それぞれの個性をはっきりと感じることができますね。




晨.jpg

≪晨≫上村淳之 平成12年 (2000) 個人蔵

目立たぬ場所に配置されていたけれど
その場から離れられなくなってしまった
毅然とした姿で宙を見つめる白い鷹。

松篁が永年描きたいと願っていたため
手を尽くして探したそうです。
3代にわたり受け継がれたのは反骨精神だと語っておられましたが
家族を思い、いたわる気持ちも
確かに受け継がれていると感じました。



松篁はこの画が描かれた翌年
白鷹を描くことなく平成13年に没しています。









そして

焔.jpg

≪焔≫上村松園 1918年 東京国立博物館

六条の御息所を描いた
≪焔≫の下絵もありました。




上村松園・松篁・淳之三代展.jpg


記事を書くのに時間がかかり、
東京での会期は終了してしまいますが
下記のように巡回するそうです。

2009年3月4日(水)~16日(月)    高島屋東京店
2009年3月25日(水)~4月6(月)   高島屋大阪店
2009年4月8日(水)~4月19日(月)  高島屋京都店
2009年4月22日(水)~5月11日(月)  高島屋横浜店
2009年5月21日(水)~6月1日(月)   ジェイアール名古屋高島屋



おまけ・・・

20090305_12.JPG

先日、目黒川で見かけた白鷺。
この展覧会を知る前だったから
「つながってる~」と驚きました。
そんな近況はまた別記事で。。。。




もっと知りたい上村松園―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい上村松園―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 加藤 類子
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本




では、また






nice!(15)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 15

コメント 10

やまあらし

着物の女性のしぐさって、どうしてこう惹かれるのかと思うほどいろっぽいよね。すそが乱れそうな足元に釘付けになったり、蚊帳をつるのに腕がひじのあたりまで見えただけで、その白い腕のなまめかしさにドキドキ。
う~ん、普段生キャミソールも見てもこんな風にはならないんだけど(笑)

私は《待月》と《初雪》を直に見てみたくなったので、横浜に来た時には行きたいな^^
全然知らなかったので紹介してもらえて嬉しいです^^
by やまあらし (2009-03-15 23:16) 

トムヤム

ほほー。大阪と京都にも来るんだね。行ってみたいなり。
by トムヤム (2009-03-16 15:37) 

琉那

匂い立つような美しさ、
すてきですね。
今回の1枚とある絵、
ほんとうにきれいです。
細い黒髪や繊細な衣装、
引き込まれますね^^
by 琉那 (2009-03-16 16:18) 

てんとうむし

やまあらし様☆
同性でも着物姿の女性には見惚れますよね~。
年配の女性が粋に着こなしている姿には憧れを禁じ得ません。

会期が短いため、あわてて日本橋まで行ったけれど、図録で「あれっ、横浜にも来るのね」と拍子ぬけしましたが、会期によって展示される作品に多少の入れ替えはあるそうなので、「また行けばいいかな~」ということにしました。

《待月》と《初雪》は、本当に素敵です。
ナマ松園ぜひご覧になってくださいませ^^


トムヤム様☆
そぉ、今月末から大阪に巡回するのよぉ^^

奈良には松篁と淳之が寄贈した作品を収めた松伯美術館があるので、いつか行ってみようと思っています。


琉那様☆
日本画ならではの透明感と、大きさからくるスケールがPC画面では伝わりにくいかなぁ・・・と残念なのですが≪人生の花≫は、やっぱりこのサイズでも何度も眺めてしまう魅力があります。
ほーんと、すてきですよねぇ♡
(うっとり)
by てんとうむし (2009-03-16 22:28) 

crow

黒髪、黒眼に黒基調の着物
でも喪服のようにならない艶やかさは日本の美ですね。
花がたみも久しぶりの登場でおや?って^^
by crow (2009-03-17 09:56) 

Inatimy

奥ゆかしさ、慎ましさ、ひかえめ、チラリと垣間見るしぐさ・・・なんて日本的な美しさなんでしょうね。 着物の絵柄や、団扇、蚊帳などの小物の他、モミジやほんの数枚舞い散る花びらで季節を感じることができるしね。 
≪花がたみ≫は、結構大きな絵だったんですね。 一枚目の白黒写真を見てびっくりしました。
by Inatimy (2009-03-17 22:41) 

hatsu

うけつがれゆくもの、素晴らしいですね。
六条の御息所を描いた『焔』、
実際に見てみたいと思いました。
『むしの音』『ほたる』、『待月』もいいですね。
こうして見ていると、着物が着たくなりました^^
あ、横浜にも来るんですね♡

by hatsu (2009-03-18 14:23) 

てんとうむし

いっぷく様☆
nice!ありがとうございます。


chercher様☆
nice!ありがとうございます。


yann様☆
nice!ありがとうございます。


crow様☆
幼いころ、結婚式に出席する前に半襟をつけたり着物に風をとおす母のそばにくっついて見るのが楽しみでしたが、ほかにきれいな色の着物もあるのに何故いつも黒い着物(留袖)を選ぶのか不思議で不思議で・・・・(笑)


Inatimy様☆
奥ゆかしさ、つつましさ、控え目・・・そういう遺伝子をもった日本女性であるということだけは忘れずにいたいものです^^;
それでも、季節を大切にする姿勢は、うん、大丈夫、なんとか心がけていられそう^^

≪花がたみ≫は文展に出品するために描いた作品だから大きいうえに、金色に輝いていて「どーん」と迫力があるの。
ほぼ等身大かなぁ・・・。


Taeko様☆
nice!ありがとうございます。


hatsu様☆
≪焔≫の実物は東京国立博物館にあり、今回展示されているのは下絵でだったので、私も本物を観に上野に行きたくなりました。
≪ほたる≫はぜひ掛け軸全体を観ていただきたいし、柱に手をさしのべたくなる≪待月≫も、振り袖の模様が気になる≪むしの音≫も、横浜にくるので、機会があればぜひご覧になってくださいね~^^


duke様☆
nice!ありがとうございました。

by てんとうむし (2009-03-18 22:10) 

foret

上村松園、いいですよねー
実は僕がフランスに行った際に、
友人のお母さんへのおみやげとして持って行ったのが
松園の画集なんですよ
なにしろ家に本物の歌麿の絵を飾っているくらいの
親日家のお母さんだったのですが、
松園の絵を見て、すごく気に入ってくれました。

さて記事にある絵の所蔵美術館のひとつ
松伯美術館ですが、僕が以前に奈良に住んでいた家の近くで
何度か行ったことがあるのですが、
松園の絵って、画集などで想像していたよりもずっと大きいサイズなんですよね。
初めて見たときはちょっとびっくりしました。
大阪にも巡回してくるみたいなので、
ぜひ出かけてみようと思います。
by foret (2009-03-18 23:22) 

てんとうむし

foret様☆
なんてステキ♡
日本からのお土産に松園を選ばれたんですね^^
うけとられたお母さまに気に入っていただけたのも日本女性として、ものすごく嬉しい♪
女性がめざした女性美なので、共感していただけたのかな~。
着物や日本髪の考証にも定評があるとうことなので「これが本物のやまとなでしこですよ~」と誇りたい気分です。

そう、松園をはじめとした上村家の画はどれも大きくて、そのスケールにも圧倒されますよね。
10代から作品が方々の依頼で描いていたということなので、大きな作品を制作する経済的余裕もあったのかな~・・・と想像したり。
来週から大阪高島屋ですね。
ぜひ足を運ばれてみてくださいね。
私もいつか必ず松伯美術館へは行こうと思っています。


noie様☆
nice!ありがとうございます。


にこちゃーん☆
nice!ありがと~♡

by てんとうむし (2009-03-20 14:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
rose.jpg
Instagram

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。