So-net無料ブログ作成

デルフトの散歩 [旅*オランダ・ベルギー]

3337941

ダムの町から高速道路を走り、国境を越え
ふたたびオランダへと戻ってきました。
一番「いつか行きたい」と願っていた地を歩くために。




3337942

「ねっ、(『千と千尋の神隠し』の)「顔なし」みたいな顔でしょ」
って友達が教えてくれた水鳥が泳ぐ
運河脇に車を停めて
友達の旦那さまが駐車券の売り場をさがすのを待っていたら

ゲコゲコって声がする。
やけにカエルが多い土地ね・・・・って思ったら
友達のカメラがピントを合わせる音なんだって(笑)

海外にいる自分に慣れてきて
    そんなことにやっと気付く余裕がでてきた3日目のお話。



3337944

≪赤い帽子の女≫と≪真珠の耳飾りの少女≫ね。
そこかしこに作品をモチーフとしたグッズが並ぶ
ショーウィンドウを目にすると
高揚した気持ちを抑えるのが難しくて

デルフトはオランダ建国の祖であるオラニエ公ウィレム1世が1572年に
居を構えた地であり、王室ともゆかりの深い場所。
昨年行った美術展で巨大スクリーンの街並の映像を目にして
「ぜったい行く!」と心に決めたんだった。




3337946

新教会と市庁舎が向かい合うマルクト広場は
目の前に『真珠の耳飾りの少女』で
主人公のフリートが歩いていた場所。
中央の像は"国際法の父"と呼ばれる
デルフト生まれのグロチウスだそうです。
(↑『地球の歩き方』の受け売りです^^;)

胸がいっぱいで
もう何を話しかけられても言葉が出てこない。。。
ただひたすら
「うん、うん」
としか答えられずにごめんね。





3337958

気がつけばもうお昼。
「ランチにしましょうか」
やっぱり、お魚のフライ食べたい。
いろいろな種類のなかかから
「どれにしようかな~」
私もそれがいいな、同じの頼んでね
って甘えちゃう。




3337959

注文ちゃんと通じたのかな?
って不安になっていたら
出来ている分ではなく、
揚げたてを出してくれた市場のお姉さん。
どうもありがとー♪

魚市場で同じように商品を求める人たちをを眺めながら
はふはふ
ぱくぱく。





3337960

頭の上には黄色い葉。
ヨーロッパでは秋に
秋に赤くなる葉は少ないんですって。




3337992

フライの油で光る指をなめながら
ウエットティッシュで拭きながら
気持ちはすでにあの塔へ。




3337993

暗くなる前にこの運河の先にも行きたいし
頭の中はぐるぐるパニック状態。




3338057

行きたい場所それぞれの入場時間を調べてもらい、
導かれるまま、この塔へ。
1995年に修復された75mの塔は
ちょっと傾いてる。
埋立地の上だから地盤沈下のせいかも。




3338058

修道女がたたずむのは旧教会の入口。
公式な記録では1246年に建てられたことになっているそうですが
その歴史は少なくともこの場所の木造の教会で礼拝が行われていた
1050年まではさかのぼれるとか。




3338059

外側からではわからなかったけれど
息をのむほど美しいステンドグラスの数々。
1654年に弾薬庫の火災があって
すべてが破壊されてしまったそうですが
1949年から1961年にかけて27箇所のステンドグラスが
修復されたそうです。




3338075

ぐるっと見まわすと




3338085

夕暮れで暗くなってきた教会に
シャンデリアが灯って聖歌が流れてきたよ。





3338090

ふらふらとすいよせられた場所には





3338061

'liberation window'と名付けられたステンドグラス。
デルフト市議会から1956年に寄贈され
王家の栄光を称え、聖書の場面が描かれています。
赤いドラゴンと戦う天使から目が離せず
しばらくここに立っていました。。。。




3338076

何度もシャッターを押して
ふぅ、やっと撮れた
と、安心し
気づけばずっとさ迷い離れていたふたりの姿を探しながら
床にさまざまな墓碑が刻まれていたのにも気がついて




3338078

ガイドブックから
フェルメールの位置を確認したけれど
うまく見つからないので
「お花が飾ってあるここだよ」って教えてもらう。
あ、さっき通り過ぎてた。

「二つあるんだよ。
もうひとつの場所は
最初に行ってたけど、知ってたの?」

え、本当?
どこのこと??




3338080

実際に埋葬されている場所はわからなくなっていますが
ここがフェルメールのメモリアルだったんですって。





3338060

画家ヨハネス・フェルメール (1632-1675)
(過去記事に彼の作品をいくつか掲載していますこちらこちら)
現存する作品点数は、多くともおよそ36点と言われ、
生涯のほとんどを過ごしたこの地には
残念ながら作品は残っていません。
(借金が多かったからかなぁ・・・)





≪遣り手婆(娼婦家にて)≫1656年頃 油彩・キャンバス143.0×130.0 
この左端でにやりと微笑む男性が
フェルメールの自画像であるという説もあるそうです。
こんな顔だったかもしれないのね。




3338087

そういえば昨年の『フェルメール展』では
この教会の内部の絵がたくさん展示されていたんだよ
なんて話をしながら




3338088

ずーっとこの場にいたいけれど
他にも行きたい場所がたくさんあって
うーん、そろそろ行かなくちゃ。




3338089

「いい? もう大丈夫?」
うん
って返事をしたけど




3353476

未練がましく振りかえり振りかえり
次の目的地へ向かいます。






Oude Kerk.jpg







3337997

元肉市場の前を通り抜け




3337995

ウィンドウショッピングをしながら
ぶらぶら散歩。
セール価格になっていたテーブルクロス
それでも予算より高かったし
サイズが合わないかもって買わなかったけど
ちょっと惜しかったかな。。。




3338007

「デルフトの運河って水位がドアにぎりぎりだね」
うん、大丈夫なのかなぁ

なんて、歩いて歩いてついた場所は




vermeer centrum delft.jpg

2007年にオープンしたフェルメールセンター
フェルメールも彼の父も所属していた画家の組合である
聖ルカ組合集会所があった場所にあります。
30歳の頃、史上最年少で組合理事に選出されますが
その頃自分の作品を1点も持っていなかったとか。
寡作のせいか、人気のせいか、はたまた借金のせいか?

パンフレットに使われているのは≪絵画芸術≫の一部。
地下にはすべての作品のパネルと
フェルメールの生涯の説明ビデオなど。




天文学者.jpg

≪天文学者≫1668-69年頃 油彩・キャンバス 52.0×45.5 と 
地理学者.jpg

≪地理学者≫1668年 油彩・キャンバス 50.0×45.0
のモデルになっている男性は
フェルメールの友達だったんだって・・・
とか
このふたつの絵はどちらも銀行家の所有だったこともあるらしいよ
なんて話をしながらフロアをぐるぐる廻る。




3338096

実際に体験ができるフロアも楽しくて。
もちろん彼が使っていたといわれる
カメラ・オブスクラも覗けますが

絵の具を調合する場面の
『真珠の物語の少女』の映像がモニターで流れ
瓶に入った鉱物が展示されています。
自分で絵の具をつくるって
日本画みたい。。。。

パレットはフェルメールが使っていたと思われるものの再現。
ほんの限られた数色で描いていたのね。
たとえば、木々の緑は青と黄色の絵の具で表現していたんですって。
そんなことも
展示作品でわかりやすく解説してくれます。




20091021 vermeer 01.JPG

スタジオが再現された一角では
≪手紙を書く婦人と召使い≫ごっこもできます。




IMG.jpg

≪手紙を書く婦人と召使い≫1670年頃 油彩・キャンバス 72.2×59.7cm
もちろん私もこの机に向かった写真を撮ってもらったよ。




ぬり絵.jpg

お土産には塗り絵を買って
またまた散歩に戻りましょう。




Het straatje.jpg

≪小路≫1658~65年頃 油彩 カンヴァス 53.5×43.5cm
この建物はすでに取り壊されてしまっていますが
Oude Langedijik通りにあったとか。




3337945

(実際に入ったお店はここではないのだけど)
マルクト広場でデルフト焼きのお店を覗きます。
タイルが欲しいけど帰りのスーツケースの重さを考えて
泣く泣く選びぬいた1枚は
店員さんが「あら、お花にしたのね♡」ってにっこり。
彼女のお気に入りだったのかな。




3338046

14~15世紀にかけて建設された新教会は
この年代で名前に「新」とつくこと自体が驚きではありますが
フェルメールが洗礼を受けた教会です。




3338049

幻想的なシャンデリアの灯りに照らされて




3338051

オランダ建国の祖オラニエ公ウィレムとその子孫が眠る場所には
天使に護られたウィレム1世の棺がありました。

滞在を通して感じた印象は
とても国民に愛された王室なのね。




Nieuwe Kerk.jpg





3338011

デルフトブルーの♡の横を抜けて
話に夢中になっていたら




3338098

「ここだよ」と教えてもらったのが
フェルメールさんのおうち。
≪小路≫があったとされるOude Langedijikと
Molenporrtの角に建っています。

手元の雑誌記事によると3階建8DKだったみたい。
20歳で結婚した奥様カタリーナ・ボルネスのご実家で
お義母様のマーリア・ティンスと同居し
1675年に没するまで11人の子供たちを育てた場所。




3337943

彼の死後に作成された「遺産目録」から推理すると
スタジオは3階にあり、絵の具は屋根裏で調合していたらしい。
『真珠の物語の少女』では、はじめ地下で寝起きをしていた主人公は
絵の具の調合を任されてから屋根裏に移っていたね
なんて思い出しながら
最後の目的へ急ぎます。




3338008

途中にあった元東インド会社の建物は現役でどこかの会社が使っているみたい。
想像していたより、ずっと普通でびっくり。




3338009

屋根の上には風見船。
1596年に最初のオランダ船が、東インド到着にしたことからはじまる
世界最古の株式会社です。




3338010

この建物は元弾薬庫。
1654年に爆発したというのはここなのね。
この火災がデルフトに与えた影響は大きかったようで
それ以前の絵画はほとんど失われていること
フェルメールの絵画の師も亡くなったのでは
なんてことも昨年の『フェルメール展』で知った知識。
小説では主人公の父親が視力を失って
フェルメールの家のメイドになることになったんだっけ。







最終目的地は、ここ♡

3338097

3人ならんで
いや、もうちょっと右じゃない?
うーんもうちょっと後ろからかな?
なんて撮った写真を見せっこしながら
盛り上がり



旅はまだまだ続きます。









nice!(25)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 25

コメント 12

pistacci

おぉぉ~デルフト新教会。私の地図帖にもマークされているスポットです。上から見ると十字の形をしているのね。覚えています、何枚か描かれていましたね。
去年、記事にしたフェルメール展から一年経ったのですね。当時行きたいと思ったものですが、いろいろしているうちに忘れてしまってた・・・その時の想いをかなえられた旅でよかったですね♡
by pistacci (2009-11-20 01:06) 

roseadagio

デルフトはフェルメールの地だったのですね。
青いハートもデルフト焼きの青をイメージして、デルフトブルーなのですね。なるほど・・・
ドラゴンと戦う天使っていうのも聖書の場面にあるのかしら・・・・
などとうっとりしながら、じっくりと記事を読ませていただきました。

by roseadagio (2009-11-20 11:42) 

pace

本当に出会いたいものに出会う為の旅だったのですね
そんな話、もっと聞きたいですよ
by pace (2009-11-20 12:26) 

aranjues

フェルメールってオランダ人でデルフトという
町が故郷ですか。私の交流範囲内なら、
これだけの知識で充分知ったかぶりが
出来ます(苦笑)。
たまたま、千と千尋の神隠しに関連した
記事を私もアップしたので、てんとうむしさんの
記事をヒントに紹介させて頂きましたが、
ヒント不要だったようです(笑)。
by aranjues (2009-11-21 10:09) 

てんとうむし

pistacci様☆
去年の『フェルメール展』ではフェルメールの作品も多数ありましたし、大画面のデルフトの映像が圧巻でしたよね。
教会の絵もたくさんあったので、いやが応にも気持ちを煽られてしまいました(笑)


カフェオランジュ様☆
nice!ありがとうございます。


ほりけん様☆
nice!ありがとうございます。


waka様☆
nice!ありがとうございます。


roseadagio様☆
そうなんです、デルフトはフェルメール・マニアの聖地なんです(笑)
大きな青い♡には驚きましたが、たぶんデルフトを代表する色が青だから、そうなんじゃないかな~・・・と思います。
ステンドグラスは旧約聖書が題材のようでしたよ^^


pace様☆
ありがとうございます。
それぞれ思い入れの深い場所をめぐる旅なので、ひとつひとつが長くなってしまって、自分でも困り気味ですが、お付き合いいただければ嬉しいです♡


のこ様☆
nice!ありがとうございます。


yonkichi様☆
nice!ありがとうございます。


にこちゃーん☆
nice!ありがとうございます。



Wino様☆
nice!ありがとうございます。


gyaro様☆
nice!ありがとうございます。


りんこう様☆
nice!ありがとうございます。


aranjues様☆
うふふ、私もaranjuesさんのおかげでベルギー・ビールに関して、交友範囲内で少々知ったかぶりをさせていただいております(爆笑)
四方温泉記事でのご紹介ありがとうございます♪
名古屋に美味しい樽生ベルギー・ビールを飲みにいくご褒美、たくさんの方がいただけそうですね^^


kazukazu様☆
nice!ありがとうございます。
by てんとうむし (2009-11-21 23:33) 

Inatimy

3倍速のように、慌しく過ぎていった時間・・・。
いつか、デルフトお泊り観光で♪
骨董市の日を選んで、ゆっくりお茶して、
アンティークリネンのお店の中も、
ハンドクラフトのお店へも♪
by Inatimy (2009-11-22 08:43) 

いっぷく

デルフトの町をGoogle Earth でヴァーチャルで散歩したことありますが、やはり自分の足で歩いてみたいね。
鳥の写真は「オオバン」ですね、ロンドンにたくさんいます。鳴き方がパンってたたくような声も出します。
木の枝を集めて水の上で営巣したりします。
足も特徴ある平べったい葉っぱのような形状です。
好きなんですよ、この鳥(coot)。
by いっぷく (2009-11-22 11:08) 

crow

一枚目のポスター、真珠の耳飾りと「メガネ」の少女になってますよね^^
古い街並みと飾るセンスがさすがはヨーロッパは違うなぁ。古い建物が現役でちゃんと使われているのもいいですよね。
by crow (2009-11-22 13:03) 

てんとうむし

Inatimy様☆
3倍速だけど、とっても密度の濃い1週間で、たぶん一生忘れられない日々♡
最後のほうは、オランダが現実になって、横浜のほうが夢のようなカンジさえしていたし(笑)
今回の旅で新しく興味を持った場所がたくさん増えたので、ぜひまた行きたいな♪
うふふ、「いつかの旅」の予定どんどん増えちゃうね。


+k様☆
nice!ありがとうございます。


hatsu様☆
nice!ありがとうございます。


いっぷく様☆
デルフトで車を降りてまず迎えてくれたのがこのオオバンたちだったんです^^
愛嬌があって可愛い鳥ですね。

観光の街でもあり、大学があるということで学生の街でもあり、過去と未来の両方が息づくとても魅力的な街でした。
機会があればぜひご訪問なさってくださいね♪


crow様☆
ヨーロッパでは古い建物が現役で、100年ほどではまだ「新築」の部類のようです。
修復や改修の場面にもよく出くわしたので、不動産の視点から見ると、きっとほかにも興味深い点がたくさんあるかもしれませんね。
by てんとうむし (2009-11-23 00:44) 

トムヤム

Vermeerって誰かと思ったよ。
恥ずかしながら,スペルを初めて知りました。
by トムヤム (2009-11-23 17:40) 

てんとうむし

Taeko様☆
nice!ありがとうございます。


トムヤム様☆
Vermeerって、そう思って読まないと読めないよね~。
私も最初びっくりしました^^
by てんとうむし (2009-11-23 21:36) 

てんとうむし

yukitan様☆
nice!ありがとうございます。
by てんとうむし (2009-11-24 21:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

rose.jpg
Instagram

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。