So-net無料ブログ作成
検索選択

耳飾りは真珠、ランチにはスープ * デン・ハーグ [旅*オランダ・ベルギー]

3353974

中世の面影が残るブルージュダム
フェルメールと学生の街、デルフト
それぞれに個性の違う街を歩きましたが

今日の街にはいままでとは違うスピード感があって
日本の空気を思い出しました。




3353971

どこにいるかわかるかな。
振り向くとこんな風景の場所です。




3338100

前夜にデルフトからアムステルダムに戻り、
遅いチェックイン。
車の中から「今そちらに向かっているところです」って
ホテルに電話して、日本の携帯が海外でも使えることにを実感。
今度は本当にひとりで泊りだけれど、
PULPOという地中海料理屋さんで晩御飯を一緒に食べてもらったんだった。
私はイタリアのピノ・グリを選んで




3338101

友達とふたりでホタテとタコのパスタ




3338112

友達のダンナサマのこのパスタも美味しそうだったな~

シアワセだな~
生きているといいことってあるんだなって
じんわりとよろこびがわきあがってきた夜。




3353972

そして、この朝はアムステルダムを出発し、
デン・ハーグへ。

おふたりは別の用があるので、待ち合わせの約束。
前夜に携帯の充電が切れてしまい
肝心な時に使えないけれど、たぶん大丈夫だよね。

予定より早く目的についたので
池の周りをぐるっと散歩。




3353973

うふふ、きっと、もうここがどこだか
わかる人もいらっしゃるよね。
13世紀から17世紀にかけて建てられた
ビネンホフと呼ばれる建物一群の前の池は
ホフフェイファの池という名前だそう。
噴水の向こうには旗がたくさん立っています。




3353977

雨やまないかな~・・・
池に沿ってぐるっとまわって向こうへ行ってみようっと。




3353979

ビネンホフの中で最も古い
騎士の館は国会議事堂です。
足のむくままに歩いていたら偶然来られちゃった♪




3353980

元へ戻ったほうがいいのかな、それとも
この先も通り抜けられるのかな、と考えながら歩いていたら
すごい勢いで自転車が走りぬけていきました。
行けるじゃん♪




3353982

ちょうど開館時間に王立絵画陳列室マウリッツハウスに到着。
そう、『真珠の耳飾りの少女』は
ここに居るのです。




3353970

入口は右横のこちら。
フェルメールの作品が来日すると
せっせと企画展に足を運びますが、
他の展示作品には「うーん・・・」と感じることも。

でも、マウリッツハウスでフランドル絵画に開眼!!

マウリッツハウスは、オランダ建国の父オラニエ公の縁戚である
ヨーハン・マウリッツ(1604-1679)が西インド会社役員会により総督として
ブラジルに15年滞在中に故国に建設した邸宅です。
帰国後は植民地で描かせた画や蒐集品を
この住まいで展示していたとか。




IMG_0001.jpg

大きな牛Love♡
パウルス・ポッターの≪雄牛≫という作品の一部で1647年に描かれました。
この雄牛は、オランダがフランスに占領されていた1795年に
ほかの200点の作品とともにフランスに運び出され、
ルーブル美術館でラファエロの隣に展示されていたとか。
1815年にナポレオンがワーテルローの戦いに敗れると
持ち去られた美術品の返還が求められ、
120点の作品とともに帰国を果たしたそうです。
でも、残りの70余展はいまでもフランスに取り残されているとか。。。




IMG_0002.jpg

≪笑う少年≫は1625年のフランス・ハルスの作品。
マウリッツハウスは1820年にオランダ政府が
国王ヴィレム1世の絵画陳列室と骨董陳列室を収容する目的で
買いあげて以来、常にヴィレム1世の政策が継承される作品を
コレクションに加えているそうです。
ゆえに肖像画はご縁戚の方々が多いのですが、
この少年の名前は解説にはコメントされていませんでした。
見ているこちらも微笑んでしまうような永遠の笑顔ね。




IMG_0003.jpg

白いカラーのおじさま達が集まっているのは
≪ニコラース・テュルプ博士の解剖学講義≫。
レンブラント、1632年の作品です。
みんな真剣に受講かと思いきや、カメラ目線のお方もいるの。
パンフレットでは欠けている部分に描かれた死体は
本当に血の気のない肌で、リアル。
ちなみに、解剖された人物は罪人だったそうな。




シメオンの賛歌.jpg

レンブラントの作品は一室を占め、
印象に残ったのはほかにこの≪シメオンの賛歌≫1631年。




苺のある静物.jpg

美味しそうな≪苺のある静物≫は1705年、アドリアーン・コールテの作品。
眺めていると、口の中がちょっと酸っぱくなってきちゃう。
パブロフの犬現象ね(笑)




Flowers.jpg

フランドル絵画は、チューリップが活けられた花瓶も多数あるけれど
このカップ咲のバラは匂いたつよう。
ポストカードを買ったのだけど、
どの画の部分だったかなぁ・・・と図録を探しても
残念、見つけられなくなっちゃった。




ダイアナとニンフたち.jpg

そして、フェルメールは3点収蔵しています。
上野ではそろそろと行列をして通り過ぎた
≪ディアナとニンフたち≫1655年は、独占できちゃった。



デルフトの眺望.jpg

≪デルフトの眺望≫1660年-1661年頃 の前では
フェルメールの描いた景色や前日の景色と、
私が撮った写真との差が歴然。。。。
近くに立ったり、少し離れたソファから眺めたり
しばし時が止まる。

木々の緑がラピスラズリの青と白の点々で描かれているのは
本当だったのね、とじっくり観察もしたり。




真珠の耳飾りの少女.jpg

≪真珠の耳飾りの少女≫1665年頃 の前には何度も戻って来ちゃった。
1度めはちょうど日本人のツアーの年配のご夫婦が
添乗員さんにこの絵画の説明を受けていた時。
聞いていないフリをして、しっかり私も聞いちゃった(笑)

2度めはひとりでゆっくりと。
3度めは友達と「唇の端の光の点は、修復の時に見つかったものなんだって」
なんて話しながら。

2012年に彼女の来日が決まったそうです。
(ご興味のある方は、こちらでニュースが見られます)




3353978

こんなに素敵な作品群を知らなかったなんて
不勉強も甚だしかった。。。。
って目からウロコを落としながらデン・ハーグを散歩。




3353983

オランダのスーパーマーケットも覗いてみたり。
ランチはフードコートで、興味があったエルテンスープとサラダとサンドイッチ。
見ていると目で欲しくなっちゃって、食べきれないほど買っちゃった。
「サンドイッチ半分食べてくれる?」って友達に手伝ってもらっちゃった。
エルテンスープは、ソーセージが入った具だくさんの野菜スープ
豆がたくさん入っていて、体があったまる。
なるほど、冬が長い国のお料理ね、って実感。




3353984

お腹がいっぱいになったら
ちょこっとCDショップを覗いたり。
でも、今日はまだ予定があるの。
アムステルダムへ戻りましょう。



旅はまだまだ半分なのです。








nice!(24)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 24

コメント 10

pace

直ぐに思い出すのは日本赤軍事件かしら
国際司法裁判所とか平和会議とかね
トラムの走る街はいいね
by pace (2009-11-28 18:50) 

やまあらし

素朴なお料理も美味しそうだけど、やはりフェルメールの絵をゆっくり眺められるのがいいなぁ♪♪♪
 
上野で人ごみに押されながらも、立ち止まってしまった<ディアナとニンフたち>と真珠の耳飾の少女が一緒に見られるなんて、うらやましい^^

by やまあらし (2009-11-28 19:06) 

いっぷく

スペイン語でプルポはタコだよね、タコがおいしいレストランでしょう。
好きな絵画に出会えるって幸せを感じますね、フランドル絵画は飽きのこない一生付き合える絵画ですね。
by いっぷく (2009-11-29 05:55) 

Inatimy

デン・ハーグの朝の散歩は、こんなコースだったのね♪
このバラすごくキレイ。
どの絵の部分か、とっても気になる~。
ポストカードの裏に作者名や作品名書いてなかったかしら・・・。
by Inatimy (2009-11-29 08:02) 

てんとうむし

pace様☆
日本赤軍についてWikipediaで調べてみたところ、ハーグで大使館の占拠事件や、オランダでハイジャック等の事件をおこしていたんですね。
不勉強でした。
まさかオランダと日本にそんなご縁まであったとは。。。


アヨアン・イゴカー様☆
nice!ありがとうございます。


りんこう様☆
nice!ありがとうございます。


ほりけん様☆
nice!ありがとうございます。


plot様☆
nice!ありがとうございます。


yonkichi様☆
nice!ありがとうございます。


gyaro様☆
nice!ありがとうございます。


Bonheur様☆
nice!ありがとうございます。


Wino様☆
nice!ありがとうございます。


Nicoli様☆
nice!ありがとうございます。


やまあらし様☆
2012年にはマウリッツハウス展が開催されるので、フェルメールも何点か来日するんじゃないかな♪
その他にも珠玉の名品が揃っていたので、今から楽しみにしています♡


いっぷく様☆
そうなんです、きっとタコが美味しいに違いない、ってタコのお料理を探してオーダーしました^^
オランダのグルメ誌(ミシュランだったかも)でも星をとっているレストランのようです。
もともとレンブラントも好きな画家でしたが、他にもこんなに素晴らしい作品があったとは、目から鱗がポロポロ落ちました。
フランドル絵画、ステキですね♡


Inatimy様☆
そう、方向音痴で目的地から離れるのはこわいから、池をぐるーっとまわってたの。
おかげさまで偶然、騎士の館にもめぐりあえちゃった♪

バラのカードの裏にはJan van Huysum(1682-1749)Bloemen/Flowers Inv.nr.71
って書いてあって、ヤン・ファン・誰かさん??の「花」かな?
読めそうで読めない...^^;


+k様☆
nice!ありがとうございます。


カフェオランジュ様☆
nice!ありがとうございます。
by てんとうむし (2009-11-29 23:33) 

Inatimy

uiやuyの音って難しいのよね。 だらけた口元ででアウって言って出る音なの・・・。
近いのはヤン・ファン・ハイスムかなぁ。
このポストカードは、絵の一部じゃなくって、これで一枚の絵だったよ。
サイズが21×27で、INV.NrはInventry No.で、
マウリッツハイスのサイトで検索したら出てきた~♪
しかし、いったいどの部屋に展示してあったんだろう・・・覚えてない・・・機会があれば見なきゃ。
by Inatimy (2009-11-30 01:39) 

aranjues

安城市に「デンパーク」というテーマパーク
が有りますが、デン・ハーグとは全く無関係ですね、
思わず連想してしまいました。
≪ニコラース・テュルプ博士の解剖学講義≫、
写真で何度も見たことがありますが、これは
レンブラントの作品でしたか。また知ったかぶりが出来
ます(笑)。某大手製薬メーカーはこの絵をもじった
写真をパンフレットなどに使っておりました。
by aranjues (2009-11-30 08:45) 

roseadagio

真珠の少女さんが日本に来たら、きっと会いにいきます♡
てんとうむしさんの記事を読んでいたせいか、ベルギーオランダ旅行の新聞広告など見ると、目が釘付けになります。
by roseadagio (2009-11-30 09:08) 

hatsu

ホタテとたこのパスタ、おいしそうですね~♪
今度、お家でつくってみようかしら^^
by hatsu (2009-11-30 16:40) 

てんとうむし

カフェオランジュ様☆
nice!ありがとうございます。


pistacci様☆
nice!ありがとうございます。


Inatimy様☆
ありがとー♡
ヤン・ファン・ハイスム、ヤン・ファン・ハイスム、ヤン・ファン・ハイスム、憶えておこ♪
サイトも観てきました^^
そーなの、確かこれで一枚の絵だったはずなんだけど、図録のどこにも見当たらなくて、記憶に自信がなくなってきたところでした。。。。
えーと、レンブラント側(階段はさんでフェルメール側じゃないほうね)のまん中か奥の部屋の、階段側の壁の上の方にあったような気が・・・・。
合ってるかな。


aranjues様☆
さすが、aranjuesさま、デン・パークをネットで検索してみたら、ビール工房があるんですね^^
デン・ハーグには『マドローダム』というテーマパークがあるようなのですが、ここはオランダの名所を1/25で再現しているそうなので、東武ワールドスクエアのイメージかもしれません(どちらも行っていませんが^^;)

≪ニコラース・テュルプ博士の解剖学講義≫は、レンブラントの名声が決定づけられた一枚で、この成功によって生涯にわたる医学会のパトロンを得たんだそうです。
死後も医薬品会社のパンフレットに影響を与えているとは、天国のレンブラントも驚いているかもしれませんね^^


roseadagio様☆
私もベルギーとオランダという言葉には敏感になっています^^
今日の夕刊にも1面を使ったベネルクス3国の旅行広告があったので、日程をじっくり読んでしまいました。
そして、2012年に真珠の少女と再会するのを今から首をながーくして待っています♪
roseadagio様もぜひご覧になってくださいね^^


cocomotokyo様☆
nice!ありがとうございます。


hatsu様☆
ホタテとタコのパスタ美味しかったですよー♪
私も家でつくってみようかな^^


にこちゃーん☆
nice!ありがとうございます。
by てんとうむし (2009-11-30 23:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

rose.jpg
Instagram

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。